印傳 INDIA

印傳財布 INDIA WALLET > 印伝鞘巾着

印傳財布 - INDIA

鹿革である印伝は、昔においては馬具、胴巻、武具や甲冑の部材・巾着・銭入れ・胡禄・革羽織・煙草入れ等柔らかいが強度を必要とするものを作成するのに用いられました。
漆を表面に載せることによって、 より強度を増し抗菌性や消臭性、防虫効果も持ち合わせています。
銀鱗堂ではこの鹿革に芯を合わせしっかりとした硬さと強度を持たせて財布に仕上げています。
手持ち感がふっくらしっとりとして十分な厚みを感じ、漆の柄は、 吉祥紋である亀甲や邪気を払う厄除け紋の鞘などで、大事なお金をしまっておくものとしてはまさにぴったりの素材と言えるのです。


印伝鞘巾着

色 : 漆黒
素材 : 鹿皮革 牛皮革
寸法 : 縦14.0cm 横8.5cm

江戸の頃には合切袋と言う便利なものがあった。一切合切何でも入れてしまう巾着の事だ。今なら 携帯電話や煙草などをちょっと持って出かけたい時にこの巾着に入れていくと粋な気分になれると言うものだ。印伝は柔らかい上質な鹿革のスウェードなので、 組紐で軽く絞るだけで十分。浴衣姿でこの巾着に小銭を入れて腰にぶら下げても実に風流である。 

商品コード : GAM1003IDSY
価格 : 9,504円(税込)
数量
 
品切れ