細工物 SAIKUMONO

細工物 SAIKUMONO > 彫の蛸choker

細工物 - SAIKUMONO

御符(ごふ)、神符(しんぷ)、御守(おまも)り、御札(おふだ)など形像、呪文(じゅもん)、経文、密教の種子(しゅじ)、真言、神使(しんし)とされている動物などを表した御札のことを言い、これを所持していれば神仏の加護が得られ、災禍を避けることができるといわれていました。文字の知識が一般庶民の間に普及しなかった時代には呪文や呪符がとくにその威力を信じられた様です。
銀鱗堂では、銀細工や鼈甲細工、蜻蛉玉細工を護符として考え、その素材使いや表現しているものに神仏の御加護を得られる様作り込んでいます。
銀細工には鋳金、鍛金、彫金などがあり、彫金という表面を掘ったり透かしたりはめ込んだりといった技法で細工をし、鼈甲も同じく表面を掘ったり透かしたりして細工をします。
蜻蛉玉は銀で細工したネジや江戸打ち紐を合わせて色々な柄や動物などを表現し、護符を揃えました。


彫の蛸choker

色 : 銀色
素材 : 銀950 
寸法 : 彫の蛸 縦50mm 横27mm

蛸はあまり良い意味での話は少ないのですが、蛸薬師という伝承信仰がありました。
全国各地に存在し、その由来は地方によって様々ですが、身の危険を感じると墨を吐く習
性のある蛸は暗闇でも見える目を持つ生き物とされ、これにあやかって眼病を直すと言わ
れたり、吸盤によって吹き出物や疣を取り払う効能があるとされています。

純度950の地金を叩き出し表面に梨地加工を施し、彫り師の手により一筋一筋丁寧に蛸の
図を掘ったもの。梨地のマットな光の中に角度の違った色々な彫線の部分の光沢が繊細に
映る。銀職人の手仕事による完全なる手作りなのだ。
 

銀950は銀95%に、製品強度を上げるための金属5%を配合したもの。


商品コード : GAA1104
価格 : 43,200円(税込)
数量
 
品切れ