細工物 SAIKUMONO

細工物 SAIKUMONO > 黒金箔蜻蛉手首飾り

細工物 - SAIKUMONO

御符(ごふ)、神符(しんぷ)、御守(おまも)り、御札(おふだ)など形像、呪文(じゅもん)、経文、密教の種子(しゅじ)、真言、神使(しんし)とされている動物などを表した御札のことを言い、これを所持していれば神仏の加護が得られ、災禍を避けることができるといわれていました。文字の知識が一般庶民の間に普及しなかった時代には呪文や呪符がとくにその威力を信じられた様です。
銀鱗堂では、銀細工や鼈甲細工、蜻蛉玉細工を護符として考え、その素材使いや表現しているものに神仏の御加護を得られる様作り込んでいます。
銀細工には鋳金、鍛金、彫金などがあり、彫金という表面を掘ったり透かしたりはめ込んだりといった技法で細工をし、鼈甲も同じく表面を掘ったり透かしたりして細工をします。
蜻蛉玉は銀で細工したネジや江戸打ち紐を合わせて色々な柄や動物などを表現し、護符を揃えました。


黒金箔蜻蛉手首飾り

色 : 蜻蛉玉/黒色  木ビーズ/赤茶色  
素材 : 蜻蛉玉/ガラス  木ビーズ/天然木
寸法 : 全周/240mm  蜻蛉玉 直径 約15mm

銀鱗堂オリジナルの黒に白マーブルにさらに金箔をあしらった蜻蛉玉を中心にウッドビー
ズでカジュアルに仕上げたものです。
ウッドビーズは紫檀で、唐木三大銘木の一つ、ローズウッドの訳語でもあり、微かなバラ
の芳香があり重硬で仕上がりが美しく耐朽性に極めて優れています。

商品コード : GAA1303
価格 : 5,400円(税込)
数量
 
カートに入れる